問題児・浅井甚兵衛

顕正会は、旧名を妙信講といい、もともとは日蓮正宗の末寺に所属する法華講支部の一つでしたが、昭和49年(1974年)に日蓮正宗から破門され、以後在家教団として勢力を伸ばしてきた異流義集団です。

前身である妙信講の初代講頭は浅井甚兵衛(1904-1984)といいます。
明治37年に愛知県西尾の農家に生まれた浅井甚兵衛は、19歳で上京し、大正3年、22歳の時に法華講員から折伏されて、妙光寺(東京都品川区)にて日蓮正宗に入信しました。

ところが、良く言えば気が強い、悪く言えば頑固でわがままな正確だった甚兵衛は、妙光寺でリーダーシップを取ろうとして失敗し、やがて寺院を転々とするようになっていきます。

戦前、妙光寺でトラブルを起こし居づらくなった甚兵衛は、東京都豊島区の豊島教会(現・妙国寺)に出入りするようになります。

戦中、ふたたび妙光寺へ戻った甚兵衛は、数人の仲間とともに昭和17年、「東京妙信講」を結成し、第62世日恭上人の認可を受けたとされています。

ところが戦後になって、甚兵衛一派は勝手に妙光寺を飛び出し、豊島区の法道院に所属を変えてしまいます。

そんなわがままを受け入れてくれた法道院主管にもやがて反発して、法道院を離脱した上、勝手な活動を始めてしまいます。
昭和32年8月、甚兵衛は勝手に講頭を名乗り、息子の昭衛を青年部長に任命しています。

寺院に所属しない講などありえないのですが、この事態を憂慮し、信心をやる気があるのならと大慈悲を示した第65世日淳上人は、墨田区の妙縁寺に妙信講を正式に所属させます。

宗開両祖の時代から 、 本師―小師―講中信徒という筋道によって師弟の筋目を 厳格に立ててきた日蓮正宗にあって 、 信徒がこのように勝手に所属寺院を転々とするのはきわめて異常なことです。

この師弟の筋目について第二祖日興上人は、 「この法門は師弟子を正して仏に成り候。 師弟子だにも違い候へば同じ法華を持ちまい らせて候へども、無間地獄におち候也。うちこしうちこし直の御弟子と申す輩が、聖人の御時も候しあひだ、本弟子六人を定めおかれて候。その弟子の教化の弟子は、それをその弟子なりと言はせんずるためにて候 。 案のごとく聖人の御後も 、 末の弟子どもが、これは聖人の 直の弟子と申やから多く候 。 これが大謗法にて候也 。 御講衆等この旨をよくよく存知せらる るべし」(『佐渡国法華講衆御返事』歴代全書1巻183頁) と仰せられ 、 教化の師である小師(※今日では所属寺院の住職)を無視するような者は大謗 法であり 、 無間地獄へ堕ちる 、 と厳しく戒められています 。

また 、 第9世日有上人も 、 「私の檀那の事、それも其の筋目を違わば、即身成仏と云う義はあるべからざるなり。その小筋を直すべし」(歴代全書1巻337頁)
と仰せられ 、 檀信徒は小師との師弟関係を正さなければ成仏できなくなる、と示されていま す。

、 浅井甚兵衛ら妙信講は 、 日蓮正宗の信徒であった間も、その師弟の筋目(小 筋)を貫くことができず 、 気に入らないことがあると寺院を飛び出す、ということを繰り返 してきました。
こうした自分本位の信仰姿勢が、必然的に後の異流義化をもたらした原因で あると言えます。

、 日蓮正宗において 、 信徒が他の寺院への移籍を許されるのは、
1. 本師たる御法主上人の御命による場合
2. 婚姻。養子縁組等の場合
3. 小師が本師に違背して邪義に堕した場合
4. 信徒を退転に至らせぬための特例的な措置
という4つの事由に限られます。
勝手 に飛び出した浅井らを次の寺院が受け入れたのは、まさに、このうちの4番目の、退転させ ぬための寛大なる措置だったのです。

創価学会の正本堂で慢心が爆発~脅迫状送付と学会本部襲撃事件

このページの先頭へ